1件目とは違う…2件目の借入で注意したこと

初めて消費者金融や銀行のカードローンを利用して借入れをする時には、単純に「年収と勤務先に関する情報」だけで審査を突破できます。要は「審査通過が難しくない状態」であり、極端に言えば働いてさえいれば借入れが実現できる状態であるということです。現実的に言えば借入れが確定するような状態はありませんが、少なくとも初めての申し込みであればその可能性が高いことは間違いありません。

しかし、これが2件目になると状況は変わってきます。2件目の借入れを申し込んだ時には、審査で「年収と勤務先に関する情報」の他に、「1件目の借入状況」も考慮されます。1件目では難無く審査をクリアできたとしても、2件目の審査では落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

1件目の借入状況が芳しくない場合、2件目の審査では「すでに返済能力が追い付かない状態になっている」という評価をされてしまう可能性が高くなります。1件目の利用状況が良好であればその心配はいりませんが、そういった状況であっても「総額でどのくらいの債務になるのか」は大きく影響してきます。

特に総量規制の対象となっているカードローンに申し込む場合、「年収の1/3まで」という制限は件数に関係なく影響してきます。1件ごとに年収の1/3までの契約が出来ると言う訳では無く、「借入れが出来る状態にある(契約した)件数全てを総合して年収の1/3に収まっていることが必要になります。当然ながら2件目で設定される上限金額は低くなりやすく、それだけでなく1件目で規制の上限に達している場合には無条件で否決されてしまいます。
借入ランキング!最短で即日借り入れ&無担保・保証人不要はこちら

,

Post navigation